EP「3.1Mettalic」をリリースしました

現役当時をゆうに凌ぐペースで配信作品をリリースしてますが
今年2度目となりますEP作品がAppleMusicはじめ、あらゆるところでリリースされました。

 

「ギターを使ったクラブミュージック」
みたいなコンセプトで、インストゥルメンタル曲を今年4曲ほど作ったので、
既存のインスト曲と合わせて6曲入りにしてみました。
当たり前っちゃ当たり前なんですけど、ほんっっっとに今作気に入ってまして、過去最高傑作だと思ってます。

さて、誰も読まなかったとしても、一応曲を解説したくなっちゃう性なので
これは毎度やっておきたいと思います。

 

1.Chinese Sea
CSTalkというpodcastを始める時に、なんかラジオらしくドッカーンという感じのイントロから始まる曲作ろうーと思って、結構サクッと作った曲です。サクッとできた曲って良いんですよね。タイトルはCとSから始まる単語を並べられれば何でも良かったんですが、割と僕のメロディとしては典型的な、チャイニーズっぽい泣きメロだったので、こんなタイトルにしました。
楽曲は本当に数日で出来上がったんですが、その後他の曲を仕上げてる時にミックスが2段階ぐらい上手くなってしまい、ゼロイチでミックスしなおしたところが思い出深いです。

2.Semi Metallic
2018年猛暑の夏、カレー食べた後に道を歩いてたら蝉が非常にうるさかった三軒茶屋で思いついた曲です。
秋冬にリリースされてしまったのがとてもかわいそうですねこの曲は。暑苦しさを表現したかったので。
でもこのEPの中で最も気に入ってもらえるんじゃないかと思ってる曲だったりします。

3.SMALL
この手のミドルバラードみたいなのは僕が最も得意としている系統だったりするんですけど、インストでやるのは凄く難しくて、ギターで裏メロ作るまではそんなにパッとせず、お蔵入りかなーと思ってました。
ところがこのずっと裏メロで絡んでくるギターがめちゃくちゃ良いですよね。ええ、皆さんもそう感じたと思うんですけど、尋常じゃないほどキュートな曲になっちゃいました。インストだとラブソング作ってもこっぱすかしくないので便利ですね。

4.Cat & Lion
中学生の頃に、METALLICAのとある曲が大好きで、そういうリフ作りたいなーと思ってずっと弾いてたフレーズをそのまま使ってます。フレーズ作ってから26年越しで曲にできるなんて思ってなかったので、このアレンジを思いついた時には結構興奮しました。
90年代初頭に中学生だった人には、こういう暗さって懐かしく感じてもらえるんじゃないでしょうか。ひっさしぶりに激情的なギターソロのようなものも弾きましたし。
ここまでの4曲は今年2018年の7月以降に作った曲なので、ソーフレッシュ。

5.HOT CURRY
derryというカレーアプリの開発をやった時に、合宿に向かうバスの中で作った曲です。
バスの中でフィックスさせて、それほどアレンジはいじってないので、作曲+録音時間で言うと僕史上最短曲だと思うんですよね。多分合計で5時間ぐらいかな。

6.Walking Around Old City
triphという旅アプリの開発をやった時に作った曲です。
ループするメインパートはその時に作られたものが非常に気に入ってたので、いつかちゃんと曲にしたいと思ってたんですが、ちゃんと楽曲の形にするところが長年難航していて、ようやくこの形にたどり着いた、意外と難産な曲でした。

多くの皆様に聞いていただけると幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です