新潟2週間

無事卒業となりました。

本日東京に戻ってまいりました。まだ本免試験ありますが、まあだいぶ真面目に勉強したんで大丈夫だと信じたい!
さて、この2週間ひとり旅はだいぶ濃厚だったように思います。簡単にトピックをまとめ。

うしおととら

序盤5日間ぐらいで初読破。漫画における伏線回収系の話題に必ず出てきては高く評価されてるのを見かけて、いつか読んでみたいと思ってました。
感想としては、確かに少年誌において、こんなにもラストシーンに向けてテンポコントロールして盛り上げられた漫画って、記憶にある限りでは「鋼の錬金術師」ぐらいで、まあ僕の歴代漫画ランキングでもトップ10入りは間違いなしかなと。
この手の王道少年漫画で泣けるシーンが描けてるってのも、他だと「ワンピース」ぐらいしか思い当たらないです。クサさのコントロールが絶妙なんですよね。

ベートーベン交響曲7番

これは前述の通り

2.1_pathetic

という仮タイトルをつけました、enosimaのミニアルバムが8割型完成しました。
中盤にホテルでのカンヅメ作業が捗って一気にミックスが進められた感じです。自宅で詰めて追加録音ちょっとやって、7月ぐらいにリリースですかね。とても良い作品になったと思いますが、まあenosimaは「誰にも理解されなくていいから自分の基準を超えるもの」というのがそもそものコンセプトなので、期待はしないでおkですw

同期1人もいない現象

合宿同期は1人いたんですけど、運転が向いてないとか、他の人(主に俺)との差が気になるとか、ネットで調べたら合宿離脱した人がいるらしいとか、ヤバイ理由で4日目に帰っちゃいましたwww
何だその後ろ向きな決断力はwww
元々漫画家を目指していたそうで、アシスタントの仕事をしてたそうなんですが業界の未来を案じて24歳の若さで辞めたそうで、まあこれも決断力ヤバイなと。もうちょっと猪突猛進できた方が経験値積めるのにもったいないなーとか思いました。
おかげで終盤まで孤独を抱いて寝てました。そのおかげで作品が完成したので良いんですが。

食い物が最高に美味かった

まあ一人旅テンションで財布が緩んでたのが大きな要因ですが、それ抜きにしても米と水の良さを痛感する旅でした。地方で美味しいもの探そうとすると食べログの点数が東京の5倍ぐらい当てにならないし、地元の人のオススメも大して美味くないという難しさがあるもんですが、まあ今回もそれを感じながらも総じてレベルは高かったなーという印象です。

Sランク入り
iji curry イジカリ(カレー)
蕎麦本陣 大はし(へぎそばじゃないそば)
いっとうや(ラーメン)
柳美(寿司)

いやいやこの店が何でこの点数なのよ
海鮮家 (寿司)  3.57
しゃがら(ラーメン) 3.53

後半はお話できる人も少しはできた

僕以外の人達は同期が5人ずつぐらいいてそうなのに僕だけ孤独
という状況だったので、セット講習すら1人で乗り放題してたわけですが、
後半に入った頃にやんちゃそうな男の子が話しかけてくれたりとか
高速教習で一緒になった通いの女の子とも割と会えば喋るようになったり。
まあそれでも晩飯は寿司とか、そういうエエもん食いたい。どうしてもつぼ八とか行きたくない。という思いが強かったので、そういう話になる前にチャチャっと帰って1人メシしてました。

運転も座学も楽しかった
最後までテンション下がることなく楽しめたなーという感。やったこと無い事やってみようというテーマ付けは良かったんじゃないかなと思ってます。

まぶっちゃん

ずっとこのコントの事思い出しながら散歩してたりしました。

何度か見ました。


この後ペーパードライバーになるのを全力で防ぐために、極力免許持ってる男子を隣に乗せてたくさん運転したいと思います。
ドライブしたい人はよろしく!!

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る