ソロアルバムを出すと言いだしてから早17年。ようやくenosimaがミニアルバムをリリースいたしました。これで当時やりたかったことが全部出来たかというと、まだ5分の1程度ではあるんですが、大きな進捗を出せた感じです。

AppleMusic、iTunes storeAmazonspotify
その他配信系のとこにはだいたい探せば出てくると思います。

去年、免許合宿に行ってた時に、新潟の東横INNでほとんどのトラックダウンと仕上げをおこなった作品なので、私の孤独感、不安感、でもちょっと羽根を伸ばしてフレッシュな気持ち、が込められていると思います。

元気な曲が一曲も入っておらず、僕のネクラな部分が全開フルマックスに表現されてる事から、(特にtr.4のあまりに感傷的な様から)patheticというタイトルを。
頭についてる数字は気にしないでください。iTunesがリリース順じゃなくて名前順にアルバムを並べるので、自分にとって気持ち良い配列になるように付けたものです。

この手の記事はどうせ読まれないので、読んでくれる数少ない賢者のために、敢えて長めにじっくり各曲コメントを。

ミニアルバムって、そんなにしょっちゅう聴くもんじゃなくて、たまーにもう一回聴きたくなるようなもんだと思ってるんです。
キャラメルとかボンタンアメとかゼリー全般が僕にとってはそうなんですけど、まさにああいうお菓子みたいな作品にできたぞー、これなら出せるぞー、と思えました。嬉しい。

 

ちなみに、enosimaだけは、誰にでも楽しめることを目指してません。僕がただこういうの好きっていうのを突き詰めるためのユニットでございますので、その点あらかじめご了承をば!

# #

2018年4月26日

コメントを残す