サウンド寄りはやや自覚あるが、歌詞寄りは無自覚