Blogtop

2019年 新卒説明会終了しました!

これ毎年説明がめんどいんですが、3行でまとめますと

    • GMOペパボでは「もっとおもしろくできる」略してMODという企業理念があります。
    • 就活も、もっとおもしろくしようということで、会社説明会にちょっとしたエンタメ要素を加えるようなことを毎年エスカレートさせてきています。
    • 私もそれに賛同して、3年前から楽曲制作と企画に参加させていただくようになっています。

しかし就活も時代とともにそのかたちが変わってきていて、来年からはペパボも通期採用とするということで、今回が最後の大規模説明会になりました。
そんな最後の大規模説明会で、我々が何をやったのかはこちらの動画がわかりやすいと思います。​

毎年本番寸前に地獄のスケジュールになるので、去年の暮れにはブレストを経て、とあるアーティストのPVをオマージュするのと、社長が普通にしゃべろうとしたら襲われるっていうネタが出来上がって、17年内には楽曲も2曲仕上がっていて、今年は登壇もなかったので、非常に楽に本番に臨めました。

Twitterのトレンドワードでも1位になったり、ねとらぼさんにも記事書いていただけたり、反響も上々で有り難い限りです。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/18/news134.html

楽曲のフルコーラス版
https://soundcloud.com/ugazin/sets/pepaboofthedead
このイベントで使用した楽曲3曲をSoundCloudで無料公開しています。
毎年、候補曲を2曲作って、オープニングで使う方に1曲、ジングルに使う方に1曲を入れてます。今回は、とあるアーティストの作風に寄せたものと、ホラーというコンセプトに寄せたものの2バージョンを作ってみました。

    • Screaming All Night
      まあこれは聞いての通り、とあるアーティストの作風に寄せました。
      実は、僕が生まれて初めて買ったCDも、生まれて初めて行ったライブも、とあるアーティストだったので、曲の構成とかパートのフレーズはだいたい把握してたので、何をやらなければパクリにならないかみたいなラインはすり抜けやすかったです。

    • Bark at the Soon
      こちらは、ホラーミュージックという、あるようで無いようでちょっとある音楽ジャンルを探ったものです。イメージの元になったのは、マリリンマンソンとカリブの海賊です。
      持ち前のモノマネスキルを発揮して、4名のキャラクターを演じながら歌って笑って重ねるという作業をしました。

    • Pepatzky March
      大規模説明会が今回ラストということで、カーテンコール用に今まで作ってきた楽曲を並べたような行進曲を作りました。曲名見れば分かる人は何をもじったのかは分かるかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る